Home > 研究職

研究職

新しい病気に対応した薬の開発

製薬会社では新薬の開発や研究、それから販売などを行っています。そのため、薬に関する知識の豊富な人が採用されることが多くなっており、その中には医者から転職してきたという人も居ます。

そういったスペシャリストたちが集まって行われる製薬会社での研究職は、重要なポジションとなります。新薬の開発のために日々、様々な研究を行うことになるからです。場合によっては寝る間を惜しんで行うこともあります。この労働は全て私たち患者のために役立つものとなっています。

また、新薬の開発のみならず、既製薬であっても年月を経るとさらに開発を重ねていかなくてはならないという状況になることもあります。例えば、使用した人に何らかのトラブルが発生した場合、この原因を探らなくては誰もが安心して利用することができません。

そして、どんどん新しい病気も増えてきていることから、それぞれに対応した薬の開発も行うことになります。このように、製薬会社の研究職は進化を遂げる職と言えます。