Home > 生産職

生産職

商品をどんどん生産して世に出していく

製薬会社と言えば、通常、新薬の研究や開発を行う会社です。そして、出来上がった商品を販売することになります。テレビCMや雑誌広告などをふんだんに使って、商品のPRを行っていくことになります。

そんな製薬会社では、商品の生産に携わる生産職というものがあります。これは文字どおり、商品をどんどん生産して世に出していくという仕事です。当然、薬なので人体に支障が出るようなものを販売してはいけないことから、かなり慎重に作って販売していくことになります。

そのためには、治験も重要となってきます。新しく開発した薬を世に出す前に、モニター登録している人たちに使ってもらうというシステムです。これによって、その薬にはどんなデメリットがあるのか、どんな効果があるのか、人体を使うことでより一層、確実な薬を作ることができるようになります。

こういった段階を経て薬は生産され、世に出るようになります。そこまでには相当な時間がかかります。