Home > 市販後調査

市販後調査

臨床現場におけるデータを集めて医師として解析

メディカルドクターの活躍する分野のひとつにPost Marketing Surveillance、PMSがあります。PMSは、日本語では市販後または製造後安全性調査と呼ばれています。

この調査は、品質や有効性、また安全性の確保のために医薬品や医療機器が発売され実際の臨床の現場で使われるようになってから行われる調査です。

この調査では、販売前の治験や臨床実権では得られなかった情報を実際の臨床現場から収集するために製造販売後調査・試験をまず行います。その結果、各臨床現場から上がってきたさまざまな大量のデータを医師として解析するのがこのセクションの業務です。

発売前の、開発段階の治験や臨床実権では見えてこなかったその製品の効果や副作用をチェックし、医師のデータとして厚生労働省に報告し審査を受けるのが目的です。

実際の医療の現場では治験や実験の段階とは違った状況で医薬品や機器が使われることがあり、予想外の効果あるいは副作用が発生する場合があるので医師による継続的な調査が求められます。