Home > メディカルドクターになるメリット

メディカルドクターになるメリット

医師の転職先としては、医療機関や企業、行政機関や施設など様々な勤務先がありますが、その中の1つに、最近注目を集めている業務としてメディカルドクターがあります。
製薬会社では新薬に関して、実験や治験のデータの収集、実際の治験の実施や解析データ等をまとめて、初めて各国の規制当局の認可を受けることになり、許認可後に商品として販売を行います。
この場合、製造過程においては高い専門知識を持った人間が求められることになり、医師は最も適した業種となっています。

メディカルドクターは、医師の転職先としては大きなメリットのある業種となっており、まず、その理由の1つとして報酬があります。
病院勤務などの一般的な臨床医と比べて高く、平均年収としては、1,500万円~2,000万円と言われています。

この報酬は、通常の臨床医と比べて数百万円高い数字となっており、中には、外資系企業などでは3,000万円の報酬を掲げている場合もあります。
2つ目のメリットとしては、勤務時間を上げることができます。基本的には、土日祝日は休日となっており、臨床医と比べて有給休暇も取りやすい環境となっています。
また、医師が働きやすい環境が整えらている企業が多く、例えば、フレックス制や研究日設定、臨床勤務許可等が設けらえれていたり、学会参加や各種団体への会合参加に関しても公務扱いとなっています。