Home > 医療機関と製薬会社で働くことの違い

医療機関と製薬会社で働くことの違い

新薬の開発に携わることが多い

医師が転職を希望する先として、最近では製薬会社がよく挙げられるようになっていました。一般的な医療機関と製薬会社で働くことの違いにはどういうものがあるのか、これを知ることによってメリットやデメリットも分かるようになります。

一般的な医療機関では医師として患者を診察したり、治療したりすることが主な仕事です。一方、製薬会社ではメディカルドクターとしての立ち位置になります。新薬の開発に携わることが多いため、これまでの知識や経験が活かされる職場となってきます。そのため、ある程度のキャリアが必要です。

それから、製薬会社への転職を決める医師というのは、たいてい自分の能力をもっと活用したいという野心があります。その希望を叶えることができるところの一つに製薬会社が挙げられます。リーダーシップもプレゼンテーション能力も必要となってくるので、幅広い意味での活躍ぶりが期待できる職場です。そんな向上心のある転職先となっています。