Home > 臨床開発

臨床開発

治験などで集まったデータの解析や、管轄省庁宛の文書に医師としての見解を示す

メディカルドクターの携わる分野のひとつに臨床開発があります。これは新薬開発部門に属するセクションです。臨床開発には大きく分けて3種類の業務があります。臨床開発、市販後安全性評価、マーケティングです。

まず臨床開発ですが、新薬開発に際しては主に治験などで集まったデータを解析したり厚生労働省など管轄省庁に宛てた文書の作成や提出が必要になります。ここで医師としての見解を示すのが臨床開発の業務です。

市販後安全性評価は、新薬が製品として発売された後に副作用などの調査をする部門です。実際の臨床現場から副作用はじめいろいろなデータが届きますので、メディカルドクターは医師としてそれらを解析し有効なデータとして編集します。

最後のマーケティングは、昨今多くの企業で設けているセクションです。開発した新薬が臨床で有効に使われるようなマーケティングができているかどうかを医師の観点から調査し、また必要があれば改善を図るセクションです。医師の立場で薬品の情報をより掘り下げて提供するといった作業も行います。